PowerShell で属性を検索などの場合 1

Active Directory  も Powershell が充実したので、ユーザーデーターベースとして、しっかり使える環境になってきた。昔は、そのチープなインターフェースのせいで、「人事情報の更新が大変だからADにユーザー情報を入れない方がよい」などとまことしやかに言い訳していたが、もはや世迷言といってもよい。

ということで、CSVに登録されているユーザー一覧を吸い込んで、携帯電話番号の一覧を表示させてみた。

$strData = “C:\Users\administrator\desktop\kakunin2.txt” #CSVファイルの場所
#
$csvDatas = Import-Csv $strData

ForEach ($csvData in $csvDatas)
{
get-ADUser -filter “samaccountname -eq ‘$($csvData.samaccountname)’” -properties * |select samaccountname,enabled,mobile
}

CSVには、1行目にsamaaccountname と記述し、2行目以降に実際のsamaaccountnameを書いておく。UTF8が吉。

select を ft とすれば、リストとしては見やすい。

有効な証明書を表示する

‘ コンピューター名の取得
Dim ComputerName As String = System.Environment.MachineName

‘現時点で有効な証明書に絞り込む
Dim value As X509Certificate2
values = values.Find(X509FindType.FindByTimeValid, Now, True)

‘発行者情報がABCである証明書を絞り込み
values = values.Find(X509FindType.FindByIssuerName, “ABC”, True)

‘識別名 (DN) がコンピュータ名である証明書を絞り込み
values = values.Find(X509FindType.FindBySubjectDistinguishedName, ComputerName, True)

Console.WriteLine(“証明書の発行局  :” & value.Issuer)
Console.WriteLine(“証明書の有効期限 :” & value.NotAfter)
Console.WriteLine(“サブジェクト識別名:” & value.Subject)
Console.WriteLine(value.NotBefore)